グッチにも使われている結婚指輪の素材

あのグッチにも使われている素材とは

結婚指輪をこれから作るときには素材も自由に選べますが、どんな素材がいいのかで悩むこともありますよね。

そこで、ここでは有名ブランドのグッチの指輪にも使われている素材をご紹介しましょう。

プラチナ

結婚指輪には非常によく使われている素材で、グッチでも使われています。

ゴールドのような希少品のイメージがないかもしれませんが、実はゴールドよりも希少価値が高い素材です。

これで作った指輪は白っぽい色になり、色合いとしては目立ちません。

華やかな色合いをしているゴールドに比べて身につけやすいのが特徴です。

どんな場面でつけていても目立たない高級な指輪を作りたいときにはおすすめの素材です。

また、日本国内の結婚指輪では一種のステータスにもなっています。

純度が高いと柔らかいため、別の素材で補強した合金が一般的に使われています。

続きを読む グッチにも使われている結婚指輪の素材

結婚指輪の素材一覧

結婚指輪の準備をスムーズにするために

結婚指輪は、入籍後に準備しても構いません。

最近は、入籍後にじっくり結婚指輪を準備する人も増えています。

しかし結婚指輪は、結婚式の際にはめておきたいものです。

そのためにも、入籍前に結婚指輪の準備を済ませておきたいものです。

結婚指輪を準備する方法は色々ありますが、特にオススメしたいのが「手作り」です。

そこで結婚指輪の手作りをスムーズにするためにも、指輪に使われる素材について紹介します。

結婚指輪定番素材のプラチナ

結婚指輪の素材でよくみかけるのが、プラチナです。

白銀色が特徴的な金属で、宝飾品以外にも様々な分野で用いられています。

プラチナが採れる国は南アフリカ・ロシア・ジンバブエ・北米の4箇所のみです。

探せば他の国にもプラチナが眠っているかもしれませんが、確認は全く取れておりません。

結婚指輪でプラチナが使われている理由は、見た目の美しさと耐久性にあります。

白銀色に輝く姿は、汚れのない新婚生活そのものです。

また余程乱暴に取り扱わない限り、形が崩れることはありません。

大切に扱えば、50年は使えます。

続きを読む 結婚指輪の素材一覧

結婚指輪の素材に用いられる、ジルコニウムやタンタルなど

プラチナ

結婚指輪に使われる素材として、最も人気が高いのはプラチナでしょう。

明るい白さが特徴で、大切に扱えば20年も30年先でも使える代物です。

プラチナが結婚指輪の素材として人気が高い理由は、濁りのない輝きにあります。

また滅多に採取出来ない鉱物ということもあり、希少価値も高いです。

さらに金属アレルギーが発生しづらい鉱物でもあるので、アレルギーに不安がある人にもオススメと言えるでしょう。

ただし「プラチナだから絶対に大丈夫」と、保障はできません。

自分の体としっかり相談した上で、素材として使うかどうかを判断しましょう。

ゴールド

プラチナと同じく素材人気として高いのは、ゴールドです。

ゴールドは非常に加工しやすい素材であるため、個性的なデザインの指輪を作るのに向いています。

ゴールドには色んな種類があり、黄金色したゴールドは「イエローゴールド」・ピンク色をしたゴールドは「ピンクゴールド」と呼ばれています。

ピンクゴールドの人気はイエローゴールドやプラチナ・ゴールドと比べると劣るものの、ピンク色をした結婚指輪ができると、密かな人気となっています。

続きを読む 結婚指輪の素材に用いられる、ジルコニウムやタンタルなど

結婚指輪購入口コミ「10年経っても全く飽きることなく、これにして本当に良かった」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

10

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

私→20万、夫→8万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

まず某百貨店の社員割引制度を使いたかったので、それが適用するブランド内から決めました。

私はダイヤが少し入っているデザインが欲しかった。

接客業なのでシンプルなタイプを探していました。

シルバー、ゴールド、ピンクゴールドなど色にも悩みましたが、自分の手の肌の色が1番きれいに見える気がしたのでシルバーを選びました。

旦那は、鬱陶しいといって腕時計すらつけないので、指輪なんて買っても絶対つけないという人。

ですので最初からとにかくシンプルで安価なものを探しました。

続きを読む 結婚指輪購入口コミ「10年経っても全く飽きることなく、これにして本当に良かった」

和風の結婚指輪

和風の結婚指輪

結婚指輪といえば、西洋から伝わった文化です。

一昔前の結婚指輪といえば、西洋的なデザインが当たり前でした。

しかし近年は、日本の「和」をイメージした結婚指輪も数多くあります。

和の結婚指輪を取り扱うアクセサリーブランドもいくつかあります。

和の結婚指輪には、いくつか種類があります。

1つは桜や市松模様など和のモチーフにしている結婚指輪です。

一見したところ通常の結婚指輪と見分けがつきませんが、よく見てみると和風のモチーフに気づくことができます。

ふとしたときに気づく和が粋ですね。

もう1つは漆塗りやべっ甲などの和の素材を活用した結婚指輪です。

こちらは色合いが通常の結婚指輪とは違うため、個性を前面に押し出せる結婚指輪です。

続きを読む 和風の結婚指輪

結婚指輪購入口コミ「夫婦2人で大事に結婚指輪をし続けていきたい」

1.性別

女性

2.購入時の年齢

40代

3.現在、結婚何年目ですか?

15年目

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫婦それぞれ、50000円ほど。

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚した時は20代で、スタージュエリーやカルティエのエタニティリングが流行していて、私もデザイン性のある今時な結婚指輪が欲しいと思ってました。

一方、夫は指輪などしたことないタイプだったので、結婚指輪にも少し抵抗があったようで、どうしてもシンプルなデザインにして欲しいという希望。

2人で色々なお店を見て回り、老舗でシンプルなデザイン、歳を取ったときにも自然につけていられる結婚指輪にしようと意見が一致。

ミキモトでとてもシンプルなお揃いのデザインを選びました。

価格もそこまで高いものではなく、2人に合ったものを選びました。

続きを読む 結婚指輪購入口コミ「夫婦2人で大事に結婚指輪をし続けていきたい」

18Kの結婚指輪

18Kとは

18Kとは18金を意味します。

この「金」とはつまり、純金の割合を意味します。

18Kは、およそ75%の純金が含まれています。

純金の割合は18Kだけではありません、他には14Kや10Kなどがあります。

色合い的には、数字が大きくなるほどはっきりとした色合いになり、数字が小さいほど柔らかい色合いになります。

このためあえて好みの色を出すために、金の含有量を減らした結婚指輪を身に着けているという人もいます。

その他の18K

続きを読む 18Kの結婚指輪

結婚指輪購入口コミ「式場と提携している指輪屋」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

9

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

自分:約30,000円 妻:約50,000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

自分は流線型で、細身のリングをつけたいと思っていました。

妻はデザイン面では派手すぎずシンプルな形、できれば小さくでもいいからダイヤモンドが入っているものがいいと思っていました。

予算に関しては二人で100,000円くらいを想定していました。

ブランドに関してはお互い「ここがいい!」というのは全くなく、結婚式場と提携している指輪屋さんを2~3件回り選びました。

一番の決め手といえば結婚式場と提携していることで割引があったということかもしれません。

ただ、購入を決めたお店はデザインの種類が豊富なのと、店員さんも僕たちの手の形や、ライフスタイルを聞いたうえで提案してくれたのがとても好印象でした。

続きを読む 結婚指輪購入口コミ「式場と提携している指輪屋」

結婚指輪の相場はいくら?

結婚指輪の相場

結婚指輪の具体的な相場というものはありません。

一般の人からセレブまで購入する商品ですから、安くて数万円程度のものから高くて100万円以上のものがあります。

ただ中流階級の人たちが買うのであれば、平均して1つ5万円~15万円のものを買うようです。

ペアで合わせて10万円~30万円程度です。

仕事のことを考えると、男性はどうしてもおちついたデザインにしなければなりません。

もしくはスーツに合わせたデザインにしなければなりません。

石なしのデザインになりがちな男性よりも、石ありのデザインを選べる女性のほうが、指輪の値段は高くなりがちです。

続きを読む 結婚指輪の相場はいくら?