結婚指輪に石は必要?

結婚指輪に石はつけないといけない?

カタログを見るとダイヤのついた指輪が非常によく見つかるため、結婚指輪に宝石は欠かせないように感じるかもしれません。
しかしこれは好みに合わせて選べるポイントとなり、つけないといけないわけではないのです。
場合によってはつけないほうがおすすめですので、必要性は個別に判断してください。

続きを読む 結婚指輪に石は必要?

結婚指輪の素材比較

手作り結婚指輪に使われる素材を見てみよう!

何もない所から指輪が出てくることは、ありません。何もない状態から指輪を作ることができる人がいるとすれば、魔法使いのみです。
結婚指輪を手作りする際には、素材が必要です。使用される素材の数はかなりの数に及び、1つ1つ取り上げれば百科事典が完成するでしょう。そこで結婚指輪の素材の中から特に人気の素材だけをピックアップし、それぞれの特徴を比較してみました。

続きを読む 結婚指輪の素材比較

結婚指輪を手作りする時に使う素材

結婚指輪を作るには素材と道具が必須

結婚指輪を手作りする際に、工房側から説明があるかと存じます。工房によっては、サンプルとして提示されることもあるでしょう。「無」から結婚指輪を作ることはできません。素材と道具が揃い、初めて結婚指輪は誕生するのです。
手作りする前に抑えておきたい、結婚指輪の素材についてご紹介します。

続きを読む 結婚指輪を手作りする時に使う素材

結婚指輪に使われる意外過ぎる材料

結婚指輪に使われている材料には何がある?

無から結婚指輪を作るのは、さすがに無理な話です。漫画に出てくる錬金術師ならば話は変わるでしょうが、漫画は漫画なのです。当たり前ですが、結婚指輪を作るには材料が必要です。
ではどういった材料を使って結婚指輪を作るのでしょうか。思い浮かぶのは金属や宝石でしょうが、他にも意外なものが使われていました。

続きを読む 結婚指輪に使われる意外過ぎる材料

杢目金屋のオーダーメイドの結婚指輪

杢目金屋のオーダーメイド

結婚指輪には、既製品やオーダーメイドがありますが、既製品以外の品物を希望する際は、基本的にはオーダーメイドを利用することになります。
杢目金屋のオーダーメイドは、オーダーメイドをする際に、専門のコンシェルジュがいますので、素材やデザイン、値段、到着期間などの相談を事前にしてからオーダーメイドの手続きをすることができます。

また、実際に希望している、イメージしているデザインをデザイン画や模型で表現してくれますので、これらを参考にしながら、考えをまとめていくことができます。
自分のイメージがはっきりしない場合や予算内でおさめたい場合、プロの人の意見を取り入れながら考えていきたい場合などは、コンシェルジュと相談しながら考えらえる杢目金屋のようなオーダーメイドシステムを取り入れている店舗が良いでしょう。

オーダーメイドにも種類は沢山あります。
素材やデザイン全てを自分たちのイメージ通りに希望するフルオーダーや、様々ある指輪のリングと宝石を組み合わせて依頼するセミオーダーなどがあります。

フルオーダーの場合、既製品よりも料金は高くなってしまいますが、自分たちしか持っていない指輪を購入したい、自分でアレンジしたものを作成してほしい、オリジナリティのある指輪を希望している人にとっては良いシステムとなっています。
オーダーしてからの作業工程もかなりの時間を費やすため、到着時間が遅くなりますが、到着してからの満足感は充実しているはずです。

セミオーダーの場合は、フルオーダーほどアレンジを考えているわけではなく、ちょっとした要素で既製品とは別のものを作成したい、フルオーダーほど料金を払わなくても個性を出したいなどとい人はセミオーダーが良いでしょう。
セミオーダーであれば、既製品と変わらない値段でオリジナリティあふれる指輪を購入することができます。

自分たちの個性を出したいなら手作り結婚指輪

自分たちの個性を出すためにオーダーメイドを選択する方法がありますが、別の方法もあります。
それが、手作り結婚指輪です。

既製品にも使用されているゴールドやプラチナ、シルバーなど自分の好きな金属、素材を選んで指輪を作成していきます。
オリジナリティを出せると共に、2人の思い出作りにもなりますのでおすすめです。

結婚指輪の購入時期について

結婚式を挙げる場合、結婚指輪の購入時期は?

結婚指輪の購入時期については、迷う人も多いと思います。

まず、結婚式を挙げる場合と挙げない場合でも変わってくるため注意が必要です。

結婚式を挙げる場合は、最低でも式の半年前には結婚指輪を購入するための準備を始めておきましょう。

そして、式の1か月前には購入を済ませ、手元に結婚指輪がある状態にしておくべきです。

続きを読む 結婚指輪の購入時期について

グッチにも使われている結婚指輪の素材

あのグッチにも使われている素材とは

結婚指輪をこれから作るときには素材も自由に選べますが、どんな素材がいいのかで悩むこともありますよね。

そこで、ここでは有名ブランドのグッチの指輪にも使われている素材をご紹介しましょう。

プラチナ

結婚指輪には非常によく使われている素材で、グッチでも使われています。

ゴールドのような希少品のイメージがないかもしれませんが、実はゴールドよりも希少価値が高い素材です。

これで作った指輪は白っぽい色になり、色合いとしては目立ちません。

華やかな色合いをしているゴールドに比べて身につけやすいのが特徴です。

どんな場面でつけていても目立たない高級な指輪を作りたいときにはおすすめの素材です。

また、日本国内の結婚指輪では一種のステータスにもなっています。

純度が高いと柔らかいため、別の素材で補強した合金が一般的に使われています。

続きを読む グッチにも使われている結婚指輪の素材

結婚指輪の素材一覧

結婚指輪の準備をスムーズにするために

結婚指輪は、入籍後に準備しても構いません。

最近は、入籍後にじっくり結婚指輪を準備する人も増えています。

しかし結婚指輪は、結婚式の際にはめておきたいものです。

そのためにも、入籍前に結婚指輪の準備を済ませておきたいものです。

結婚指輪を準備する方法は色々ありますが、特にオススメしたいのが「手作り」です。

そこで結婚指輪の手作りをスムーズにするためにも、指輪に使われる素材について紹介します。

結婚指輪定番素材のプラチナ

結婚指輪の素材でよくみかけるのが、プラチナです。

白銀色が特徴的な金属で、宝飾品以外にも様々な分野で用いられています。

プラチナが採れる国は南アフリカ・ロシア・ジンバブエ・北米の4箇所のみです。

探せば他の国にもプラチナが眠っているかもしれませんが、確認は全く取れておりません。

結婚指輪でプラチナが使われている理由は、見た目の美しさと耐久性にあります。

白銀色に輝く姿は、汚れのない新婚生活そのものです。

また余程乱暴に取り扱わない限り、形が崩れることはありません。

大切に扱えば、50年は使えます。

続きを読む 結婚指輪の素材一覧

結婚指輪の素材に用いられる、ジルコニウムやタンタルなど

プラチナ

結婚指輪に使われる素材として、最も人気が高いのはプラチナでしょう。

明るい白さが特徴で、大切に扱えば20年も30年先でも使える代物です。

プラチナが結婚指輪の素材として人気が高い理由は、濁りのない輝きにあります。

また滅多に採取出来ない鉱物ということもあり、希少価値も高いです。

さらに金属アレルギーが発生しづらい鉱物でもあるので、アレルギーに不安がある人にもオススメと言えるでしょう。

ただし「プラチナだから絶対に大丈夫」と、保障はできません。

自分の体としっかり相談した上で、素材として使うかどうかを判断しましょう。

ゴールド

プラチナと同じく素材人気として高いのは、ゴールドです。

ゴールドは非常に加工しやすい素材であるため、個性的なデザインの指輪を作るのに向いています。

ゴールドには色んな種類があり、黄金色したゴールドは「イエローゴールド」・ピンク色をしたゴールドは「ピンクゴールド」と呼ばれています。

ピンクゴールドの人気はイエローゴールドやプラチナ・ゴールドと比べると劣るものの、ピンク色をした結婚指輪ができると、密かな人気となっています。

続きを読む 結婚指輪の素材に用いられる、ジルコニウムやタンタルなど